投資方針

 これからの「投資方針」を示したいと思います。


 先日、2年前に作成した「投資方針書 Ver.0.6」を読み直してみました。この投資方針書は、当時の私の能力で考えた、すべてが詰まった力作でした。項目としては、いかに示すものです。

 一通り、当初の計画で動き始めましたが、その後の変更等を考慮した新版「投資方針書 Ver.1.0」を書き始めたいと思います。(2024/04/20)

投資方針書の項目
投資方針書の目的

 1 資産形成の目的
 2 運用の目標
 3 運用方針並びに投資方法
  (1)プレ分割投資 積立投資資金を事前(プレ)に投資する
  (2)プレ投資の取崩し(出口戦略の応用) NISA資金源
  (3)コア積立投資 10年の積立&長期間の運用
  (4)サテライト投資 投資を楽しむためとハイリターン期待
 4 アセットアロケーション
   株式:債券:純金:その他(暗号資産):現金などの比率
 5 ポートフォリオ
  (1)プレ分割投資 東証上場ETF&純金
  (2)コア積立投資 インデックス投資信託
  (3)サテライト投資 日本株、米国株、暗号資産など
 6 リバランスの方法 アセットアロケーションの比率に戻す
 7 投資パフォーマンスの向上 収入源の多角化

<資料>

 1 老後資金のシミュレーション(別紙) 資産運用と生活資金
 2 出口戦略の効果のシミュレーション(別紙) 実際の過去相場を用いて
 3 購入対象米国株一覧(選定基準)(別紙)
 4 サイドビジネスに関する資料 副業などについて
 5 遺産相続について 対象者並びに相続金額や方法(生前贈与など)

<付記>

 1 現有資産の売却、銀行口座の整理について 当時の資産の整理統合
 2 総資産の考え方について 不動産や自動車、年金などの取り扱い
 3 クレカ積立に関するポイント付与率について あまり考慮しない

 (追加:2024/04/20
 

 

 投資方針書の各項目について触れると、10数ページにもなってしまうので、投資方針書の目的資産形成の目的運用の目標について、こちらに示します。

重要事項3項目について
~投資方針書の目的~

 この「投資方針書」は、今後の長期にわたる投資についての、基本的な取り決め(投資の目的や目標、方法など指針となるもの)である。従って、今後の投資において、変更、中止などを行う際は、必ずこの方針書の趣旨に則り行うものとする。(一部変更:2024/04/20
 
1 資産形成の目的

 退職金で得られた資金を運用し、豊かで生きがいのある老後を過ごす。
表現変更:2024/04/20
 
2 運用の目標

 各年齢において、自分が考える「豊かで生きがいのある老後を過ごす」ために、必要十分な活動資金を捻出できる資産の形成を行う。特に、自分がアクティブに活動できる年齢において、十分な資金が支出できるような運用を目指す。具体的な目標は、資料1に示す。
 

 2年が経って、あらためて方針書を読み直すと、当時の投資に対する意気込みが伝わり、自画自賛の気持ちと、恥ずかしい気持ちが入り混じります。

 その他の、項目を読んでも、現在の投資に基本的な考えに生かされていることが分かり、ほっとします。現時点での投資状況は、方針書からの著しい逸脱はありません。今後、5年、10年と時間が経過し、様々なことが変化する中、「初心を忘れないよう」に、時折、確認したいと思います。(2024/01/31)

タイトルとURLをコピーしました